2017年5月22日

責任投資原則(PRI)は、今後10年間の優先項目をまとめた文書「責任投資のブループリント(仮訳)(Blueprint for responsible investment)」を発表した。2016年に設立10周年を迎えたことを機に、アンケートやインパクト評価、討議により、署名企業・機関が重要と考える課題への取り組みに、どのようなイニシアチブが役立つかを検討し、今後10年間の構想文書としてまとめた。

PRIは長期的価値を重視する持続可能な世界金融システムの実現を目指している。同文書はこの目標実現に向けて署名企業・機関を支援する活動を進める上での指針となるもので、以下の3つの影響分野に焦点を当てる。
・責任ある投資家:責任投資家の長期的価値追求を主導し、投資チェーン全体の連携を促進するという中核的活動の強化
・持続可能な市場:投資市場における持続不可能な慣行の是正に取り組み、経済効率が高く持続可能な世界金融システムを確立する
・誰もが繁栄を享受できる世界:署名企業・機関の活動が現実世界の改善に結びつくよう、包含的な社会の繁栄に寄与する投資を奨励する

また、今後10年間の優先分野として以下の9つを掲げている。
・アセットオーナーのエンパワーメント
・ESG課題を投資に組み込む投資家を支援
・アクティブオーナーのコミュニティを培う
・リーダーシップの模範を示し、投資家の責任を強化
・責任ある投資家を集めて啓蒙
・持続可能な金融システム実現の障壁排除に取り組む
・意味のあるデータ開示を市場全体で推進
・気候変動対策の重要性を訴える
・SDGsに沿って現実世界に影響を与える