CSRseminar_2.jpg

2019年春より、「CSR経営のための速習セミナー」シリーズにおいて新たにテーマ別講座「ESG評価対応編」を開講いたします。イースクエアとCDPスコアリングパートナーであるソコテック・サーティフィケーション・ジャパン株式会社との共同により、企業のESG情報開示ご担当者向けにご提供する研修プログラムです。新たにESG情報開示対応のご担当になる責任者および実務担当者に加え、これからESG情報開示に注力される企業のご担当者にお勧めです。

CSR基礎講座である「理解編」「実践編」に加えてテーマ別講座「ESG評価対応編」を受講いただくことで、CSRの全体像を理解したうえで、ESG評価に対応する具体的ノウハウを身に着けていただけます。

なお「理解編」「実践編」を受講されていない方でも、「ESG評価対応編」のみ受講いただくことが可能です。

ESG情報開示対応を推進される責任者・実務担当者向けの研修コース
「CSR経営のための速習セミナー」<テーマ別講座>

【ESG評価対応編】

企業においてESG評価への対応を行う担当者が知っておきたいESG投資の世界的潮流および主要ESG評価機関対応方法を1日で習得いただけます。

CDP、FTSE、MSCI、Sustainalytics といった主要ESG評価に対し、その評価の見方や評価手法、企業がすべきTo Doを具体的に解説します。明日からの業務にすぐに活かしていただけるプログラムとなっています。(レクチャー中心) なお個別評価指標の解釈については含まれておりません。

内容(予定)

ESG投資の重要性

  • ESG投資とは
  • ESG投資の現状
  • 主要なアセットオーナーやアセットマネージャーによるESG投資事例
  • 関連する世界的な動き(TCFD、CDP、SASB、統合報告)
  • 日本における動き

押さえておきたい主要ESG評価機関

  • ESG評価機関の役割
  • 主要なESGインデックス
  • 主要なESG評価関連機関(タイプ分類)

社内で推進する上でのポイント

  • 外部ESG評価対応を内部の経営改善につなげる
  • 経営層の理解・支持獲得
  • 関係部署との連携
  • 具体的なTo Do
  • 年間の対応スケジュール例
  • 企業を動かすキーパーソンになる

FTSE・MSCI・Sustainalytics・CDPへの対応

  • 外部ESG評価対応を内部の経営改善につなげる
  • 評価の見方
  • 評価手法
  • 評価サイクル
  • 企業によるフィードバック
  • 企業担当者がすべきこと

基礎講座【ESG評価対応編】 概要

現在募集中の開催概要は以下の通りです。


対 象 企業においてESG評価対応をご担当される方(実務担当者・責任者)

※FTSE MSCI SustainalyticsのESG評価対象企業(日本企業の時価総額トップ約750社)
※CSR経営のための速習セミナー【理解編】を受講されていない方もご参加いただけます。
※本セミナーは、事業会社様のCSR推進を目的としています。競合他社様等のお申込みは、ご遠慮いただいております。
日 時 【ESG評価対応編】2019年 5月 21日(火)9:30~16:00
定 員 30名/回
詳細ご案内 詳しくは下記PDFをご覧ください
◇ セミナー案内
参加申込 以下のリンク先からお申込みいただけます。
お申込みはこちら


上記サービスについてのお問い合わせ

株式会社イースクエア
担当: 「CSR速習セミナー」係
〒105-0003 東京都港区西新橋3-23-12 第二山内ビル
tel: 03-5777-6730   fax: 03-5777-6735
お問い合わせはこちら